ブログトップ

絵本のおうち

絵本のある暮らし始めませんか?


by 絵本の虫
プロフィールを見る
画像一覧

肝炎ってか?

きょうの朝刊。

肝炎リスク製剤を投与した可能性がある1825の医療機関名が公表されました。

血友病患者のみならず、これでリスク対象者が大幅に増加したわけです。

なかでも、「大量に出血するような手術を受けた人」には、出産時の出血が入ります。

長男出産時に大けがをした私は、かねてより気がかりでした。

今回、公表された医療機関名の中に、長男を出産した病院がしっかり入っています。

やっぱりな・・・という感想。

自分には関係ないと思われている方も、今後さらにリスク製剤の発表が増えれば、ひょっとすると・・・ということがあり得ます。

たとえば、免疫グロブリン製剤。 これっておそらく、麻疹が保育園で流行した時に、万一感染しても軽くすむようにと打たれた、特大注射のことかと思います。 

だとすれば、長男よ、きみも危ない。

予防接種の注射針の使い回しについては、まだ国は肝炎リスクを認めていませんが、これについても裁判次第では対象として認定されるかもしれません。

本来、人を救うはずの医療で、人が病を得る現実。

いつになったら、病院は癒される場所になるのでしょうか。
by EhonHouse | 2008-07-02 11:27 | ただのつぶやき | Comments(0)